北根室ランチウェイを歩くーさようなら、北海道ー

北海道最終日です。おみやげを購入するために「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」に寄ってから釧路空港へ目指します。

山行データ

山行日2013年10月19日(土)
コース(スタート)大棚沢広場〜(半原)高取山〜仏果山〜秋葉山〜革籠石山〜経ヶ岳〜華厳山〜(荻野)高取山〜発句石〜上飯山〜別所温泉入口バス停(ゴール)
山 名(半原)高取山(705m)
仏果山(747m)
秋葉山(660m)
革籠石山(640m)
経ヶ岳(633m)
華厳山(602m)
(荻野)高取山(522m)
ポイント発句石
相州アルプス
山 域丹沢エリア
累積標高(+)1,538m (−)1,704m
歩行距離17.902km所要時間07時間35分
関連記事初秋の相州アルプスを歩く(前編)
初秋の相州アルプスを歩く(後編)

北根室ランチウェイ 8/8

最終日・・・起床・・・。今にも...
【06時42分】

最終日・・・起床・・・。今にも雨が振りそうだ・・・。でも、今日は雨の心配より飛行機が飛ぶかどうかの方が心配だ・・・。


朝食はバイキング・・・。...
【07時37分】

朝食はバイキング・・・。


いらない物は宅配便で送っちゃえ...
【08時53分】

いらない物は宅配便で送っちゃえ!


飛行機の時間は14時10分だけ...
【09時09分】

飛行機の時間は14時10分だけど、おみやげを買うので少し早めにチェックアウト・・・。


予め調べてあった「釧路フィッシ...
【09時09分】

予め調べてあった「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」に向かう。ホテルから歩いて10分程度。


釧路川。...
【09時21分】

釧路川。


釧路フィッシャーマンズワーフM...
【09時21分】

釧路フィッシャーマンズワーフMOO。ここでお土産&昼食を食べて釧路空港に向かう予定。


やっぱ、北海道のおみやげって言...
【09時21分】

やっぱ、北海道のおみやげって言えばこれだよね・・・。


毛ガニのUFOキャッチャーなら...
【09時31分】

毛ガニのUFOキャッチャーならぬ、毛ガニキャッチャー・・・。


釧路川に並んだ漁船?...
【09時55分】

釧路川に並んだ漁船?


北海道限定のジョージア???...
【09時59分】

北海道限定のジョージア???


色々悩んでおみやげを選んだ結果...
【12時11分】

色々悩んでおみやげを選んだ結果、ユックリ昼食を食べる時間が無くなったので、軽い食事で済ます。「さんまんま」というらしい、焼きたて熱々で美味しかった・・・。

当初は釧路駅から空港バスに乗るつもりだったけど・・・


・・・釧路フィッシャーマンズワ...
【13時21分】

・・・釧路フィッシャーマンズワーフMOOからも空港バスが出ているのでここから乗車して1時間程で釧路空港到着・・・。


ザックを預けようと思ったらX線...
【13時40分】

ザックを預けようと思ったらX線検査で引っかかった。雨蓋に入っていたエネループが問題だったようだ・・・。リチウムイオン電池はダメだと知っていたので手荷物内に入れていたけど、ニッケル水素電池もダメなのね・・・。っていうか、そもそも乾電池自体ダメみたい・・・。ついでに、ここの検査場で使いかけのガス缶も回収してもらった・・・。保安検査は無事通過・・・。

帰りの飛行機も B767-300でした。


むむむ、北海道限定・・・。どう...
【13時45分】

むむむ、北海道限定・・・。どうやら私は限定に弱いらしい。


さようなら〜、北海道!...
【13時59分】

さようなら〜、北海道!


初めて翼の前に座った。ここから...
【14時00分】

初めて翼の前に座った。ここからなら着陸時に逆噴射したときエンジンの側面が開くのが見える。


帰りもやっぱり雲だらけ・・・。...
【14時24分】

帰りもやっぱり雲だらけ・・・。


高度1万2000メートルを飛ん...
【15時02分】

高度1万2000メートルを飛んでいても地上にある家の形くらいは分かるんだね・・・。


羽田到着・・・。お疲れ様でした...
【15時41分】

羽田到着・・・。お疲れ様でした・・・。

無事、荷物を回収して一歩空港を出たら・・・うっ、蒸暑い・・・。


日本ロングトレイル協議会の認定トレイルを歩くのは、信越トレイル、高島トレイル、と3ヶ所目になります。ゴールの時に思ったは信越トレイルの時は「もう一度ここを歩きたい」、高島トレイルの時は「もうここは二度と歩きたくない」でしたが、今回の北根室ランチウェイではゴール直後は達成感だけでそれ以上のことは考えられませんでした。しかし、ゴールから1ヶ月あまり経ち、やはり「もう一度歩いてみたい」という気持ちが大きくなりました。でも、遠いんだよな〜・・・。

また、今回歩いて気が付いたことがあります。ロングトレイルシンポジウム等で、それぞれのトレイルを作った人のお話しを伺ったことがありますが、ロングトレイルというものは、作った人、管理をしている人たちの個性がそのままトレイルに反映されているような気がしました。一見ただの道なんですが、そこには個性があると感じました。

最後になりましたが、この北根室ランチウェイを作り上げた佐伯さん、スタッフの皆様、わけの分からない人たちに牧場内を通る許可をしていただいた牧場主さん、関係者の皆様、素敵なトレイルをありがとうございました。

ルート図(全体)

断面図(全体)

タイトルとURLをコピーしました