"The mountains are calling..." by JOHN MUIR

【山旅】茅ヶ岳&金ヶ岳登山と甲府観光(観光編)

山旅】茅ヶ岳&金ヶ岳登山と甲府観光(観光編)

前日の茅ヶ岳登山(以下にリンク)の疲れはほぼ取れたものの、やはり、久しぶりの登山の筋肉痛はしっかり出現していました。とは言うもののせっかく一泊したのだから半日だけだけど、甲府の駅周辺の観光をしてきました。


起床

【7:00 AM】
 起床。

ホテルの窓から見える景色。ビルの後ろの山々は八ヶ岳か?

ドアの所に何か落ちている。と思ったら新聞でした。今までいろんなホテルに泊まっているけど、こんなサービス初めてだ。まぁ、今までは安いところしか泊まってないけどね・・・。

それにしても『山梨日日新聞』ってドラマに出てきそうな名前の新聞ですね。

朝食

9時過ぎにホテルをチェックアウトして、甲府駅の近くの駐車場に車を停めて、駅前の立ち食いそば屋(丸政 甲府駅北口店)で朝食。

月見うどん(380円)と揚げ物は『山賊揚げ』。この大きさで150円。柔らかくて、ジューシーで美味しかったです。

甲府城跡

駅のすぐ近くにある、甲府城跡に来ました。甲府は何度も来ているのですが、ここに来るのは初めてです。以前、ちょこっとお世話になった会社でここの測量をしていて、石垣の石のひとつひとつを紙に写し取って計測していたのを見て、一度ここに訪れてみたかったんですよね。

城跡と言っても、当時のものはほとんど残されていないようですね。左上に見えるのが天守台跡になります。

天守台に登ると(天気が良ければ)360度のパノラマが見れます。さすがに盆地だけあって、錚々たる山々を見ることが出来ます。山好きにはたまりませんね。

西側の展望です。ざっと見える山を羅列しますが、笊ヶ岳、赤石岳、櫛形山、白峰三山(農鳥岳、間ノ岳北岳)、鳳凰山、仙丈ヶ岳、アサヨ峰、甲斐駒ヶ岳、鋸岳。(太字は日本百名山)

南アルプスの北部の山々が見渡せるって感じですね。

これが西側の実際の展望。ついさっきまで雨が降っていたので、展望は望めませんね。

こちらは南側の展望です。見える山は、釈迦ヶ岳、富士山、毛無山、身延山、七面山などです。

で、これが実際の南側の展望です。

東側の展望は、大菩薩嶺、大菩薩峠、三ツ峠山、三坂峠です。

んで、実際がこれです。

そして、北側の展望は、赤岳、茅ヶ岳、瑞牆山金峰山甲武信ヶ岳、となります。

北側はこんな感じ。

明治天皇もここに来たことがあるんですね。もっとも、当時のこの辺りの様子は今とは全然違っていたでしょうが・・・。

武田神社

【10:55 AM】
次は『武田神社』です。武田信玄の住居跡です。甲府駅から北にまっすぐに来た突き当りです。

ここには何度も来ていますが、まだ御朱印を頂いたことが無いので今日はそれが目的です。

甲府城跡はほとんど人はいませんでしたが、こちらは、ものすごい人出です。僕が今まで来た中では一番人が多いですね。

神社では結婚式や赤ちゃんの初参(?)なども行われて、かなりにぎやかです。

うわ、お参りをするのも並んだけど、御朱印を頂くのもすごい列・・・。

で、頂いた御朱印が以下です。縦のものは実際にその場で書いて頂いたもので、横のものは、予め紙に書いてあったものです。横のものはもう一種類あり、そちらは信玄公の立ち姿になっています。

武田神社の御朱印(縦)
武田神社の御朱印(縦)
武田神社の御朱印(横)
武田神社の御朱印(横)

『武田水琴窟』

竹筒に耳を近づけるときれいな音が聞こえます。

この地図を見ていて、裏側にも行けるらしいので、グルっと一周してみることにした。裏に行くのは初めてだ。

神社の境内ではあれほど人がいたのに、こちら側は誰もいない・・・。その差が激しい。

でも、裏手に回ったとたん雨が降ってきた。傘は車に置いてきたので、急ぎ足で回る。

あれ? 何かの発掘現場か?

裏側の方にも住居跡はあるんだ。上の発掘現場は食料庫の跡らしい。

神社の裏手にある(恐らく)お稲荷様。当時からあるものなのかは不明。

おぉ、こんなものも残されているんだ・・・。と思ったら・・・

・・・単なる後世に後付されたものだった。ここは神社の裏手にある小さな公園でした。

武田神社を一周したらちょうどお昼の12時になったし、高速道路が混む前に帰りたいので帰路につく。

笹一酒造

高速道路で帰るつもりでしたが、結局下道(国道20号線)で帰ることにしました。

で、途中にあった笹一酒造さんの直売所に寄りました。ここの存在は30年くらい前から知ってはいたのですが、実際に入るのは今回が初めてです。というものこの笹一という日本酒を初めて飲んだのが、ほんの数年前で、とても飲みやすくお気に入りになったりました。なので、機会があれば寄ろうと思っていたので、ちょうど良かったです。

笹一(純米吟醸)

その笹一で買ったのが上の日本酒です。このブログの執筆時点ではまだ飲んでいませんが、飲むのが楽しみです。


以前は山登りに行くときは、ただ、目的の山に登って、降りて、帰ってくるだけでしたが。最近は今回のように観光もしてくることが多くなりました。

せっかく九州や北海道まで行って、目的を果たしたら帰ってくるだけなんて、ちょっともったいないことをしたな、とは思いますが、しょせんしがない会社員。休みをフルに使うとそうせざるを得ない場合がほとんどなのが実情なんですが、これからはなんとか工夫して観光も取り入れようと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました