"The mountains are calling..." by JOHN MUIR

【カタチ】秋葉山のカタチ

山のカタチ

僕のブログで何度か書いていますが、そもそもこのサイトのリニューアルをした最大の目的が、今回の調査対象の秋葉山あきはさんが山らしく見えるポイントを探ことです。

いや、正確に言うと少し違います。たしかに最初の頃は山に見えるポイントを探すのが目的でしたが、現在は微妙に変化しています。ただ山に見えるポイントを探すだけではなく、その山が1番山らしく見えるポイント、つまり、その山のベストアングルを探すことに変化していきました。変化していきました、といってもまだ、全然実績は伴っていないんですが・・・。

なので、これから少しづつ(本当に少しづつ)調査をして、秋葉山だけではなく、僕が気になる山々のベストアングルを探していこうと思います。

と言うことで、今回は丹沢の東の端っこにある秋葉山の調査に着手しましたよ、というだけことです。なので、結果はまだまだです。なんならここで、別のページに飛んでいただいても大丈夫です。だって、ここから下には有用な情報はまだ無いですからね。

ここまで読んで、おいおい、そんなのgoogle earth や3Dアプリを使えば簡単じゃん! って思った方もいるでしょう。そうなんです。本気で調べようと思えば、今なら色々な方法で簡単に調べることができます。でも、僕的にはそれはせず、あくまで、自分の足で歩いて、自分の目で見ることにこだわりたいです。出来ればいにしえの人が見たそのままの風景が見たいです。

このページがどのくらいの頻度で更新されるかは、僕自身まったく分かりません。もし、この企画に興味ある、と言うモノ好きの方は、半年に一度程度チェックすれば、新しい情報が追加されているかも、です。

上のGoogle Mapの中央付近にある赤い丸が秋葉山です。残念ながら、現在は秋葉山が山に見えるポイントは見つかっていません。今後調査を進めて、この秋葉山が山に見えるポイントを地図に加えていく予定です。お楽しみに〜。


地理院地図《中央の十字付近が秋葉山です》

↓↓↓ Twitter、Instagram、YouTube(仮)もやっています ↓↓↓
アウトドアの扉

コメント

タイトルとURLをコピーしました