"The mountains are calling..." by JOHN MUIR

【企画】#01 山登りを始めよう!

山登りの始め方

山に登る理由

そこに山があるから

「そこに山があるから」

ある有名登山家(ジョージ・マロリー)が言ったとされている言葉です。
新聞記者に
「なぜ? あなたは山に登るのですか?」
という問いの答えだと言われていますね。
これは山登りをしていない人でも知っている有名な言葉です。

これをもじって
「なぜ? あなたは競馬をするのでか?」
という問いに
「そこに馬がいるから」
なんていう風に使われたりもしますね。
まぁ、私はギャンブルはやりませんがwww

冗談はさておき、話を戻して
このやりとり、実際は微妙に違っていたようです。
「なぜ? あなたはエベレストに登るのですか?」
「そこにエベレストがあるから」
という感じのやりとりだったようです。
つまり、エベレストに限定されていて
決して山登りの嗜好を問われたわけではないようです。

ここからが本題です

このブログでは今後、色々なシリーズ企画を立ち上げていく予定です。
その第一弾で今回は「山登りの始め方」の
第一回目で「山登りを始めよう!」回になります。
実際に山登りの始め方のノウハウを始める前に
私が山登りを始めた理由、そしてハマっていった経緯を書きたいと思います。
なので、具体的に山登りの始め方を知りたい方は第二回(タイトル未定)から読み始めることをオススメします。
また、チョイチョイ脱線して余計な回が挟まってくるかもしれませんが、
うまく飛ばして読んでいただくと効率的かと思います。

さて、第一回目のサブタイトルは「山登りを始めよう!」となっていますね、

そもそも、なぜ? あなたは山に登ろうと思いましたか?

まぁ、100人いれば100通りの答えがあると思います。
理由なんて人それぞれですよね。(私のは後述します)
その理由はどうであれ、仲間が増えるのは大歓迎です。

なので、このサイトではこれから山登りを始めてみたい人が
安全にかつ楽しく山登りを続けていくお手伝いをしていきたいと思っています。

私が山登りを始めた理由

湖一周ウォーキング

まず、私が山登りを始める前に序章がありました。
実際に山に入ったのは2005年11月03日のことでしたが、その数ヶ月前の07月から08月にかけて富士五湖(実際には田貫湖も入れて富士六湖でしたが)の周りを歩いて一周しました。
そもそも、大前提として歩くことが好きだったっていうことがあり、果たして自分はどのくらい歩けるんだろう? と疑問に思い、2ヶ月かけて休みのたびに富士五湖に通いました。

実際に歩いてみて、一番大きな河口湖でも一周約18.5kmで時間にして3時間半程度でアップダウンもほぼないので、あまり手応え(足応え?)が無く、いずれは琵琶湖に挑戦してみたい(未だに実現はしていませんが)と思うようになりました。つまり自分の限界が知りたかったってことですね。

初めてのデジタル一眼レフ

富士五湖一周から数カ月後、たまたま親戚の結婚式に出席することになりまして、まぁ、写真を趣味にしている人のあるあるですが、このような時は必ずカメラマンにさせられますよね。
それまではアナログカメラ(EOS-1)を使っていましたが、世の中はものすごい勢いでカメラのデジタル化が進んでいたときです。せっかくなので、ということでデジタルの一眼レフ(EOS-20D)を購入。無事に結婚式のカメラマンの役をこなしました。

実はしばらくカメラから離れていたんですが、久しぶりに新しい機材を購入したので、これを期に再び写真を撮りたいなと思いました。そもそも、私は竹内敏信さん(風景写真家)にあこがれて風景写真をやっていました。だから、EOS-1を使っていたんですね〜(^^)

早戸大滝

そこでどこか風景写真を撮りにいく候補地を探していたら、「幻の滝 早戸大滝」というキーワードを見つけてしまいました。日本百名瀑にも選ばれています。その中でも最も見るのが大変な滝のひとつだそうです。でも、この早戸大滝、その下流の早戸川には小学校の頃に毎週のように釣りに出かけていました。まさかその川の上流にそんな「幻の滝」があるなんて知りませんでした。

ということで、場所は早戸大滝に決定。もちろんソロです。まわりに山登りをしている知り合いはいないので、ネットで色々調べて当日に挑みました・・・。

厳密にいうとここは山登りっていうより、沢登りって表現したほうがいいのかもしれませんが、とにかく山の中を歩く経験が自分の中で強く印象に残りました。

ちなみに下の写真がその時に撮ったものです。

早戸大滝
早戸大滝

そして、山登りにハマりました

そんなこんなで上の経験がきっかけになり山歩きを始め、やがてずっぽりとハマっていきました。

まぁ、山登りを始めるきっかけとしては、かなりマイノリティなのかもしれませんが、もし、このタイミングで親戚が結婚式を挙げていなかったら、間違いなく違う人生を送っていたと思います。
今となっては山登りに出会っていない人生なんてゾッとします。何が人生を変えるかは分かりませんね、

さて、今回は私の山登りの始まりについて書きましたが、次回からは、あなたの山登りの始まりのお手伝いをしていきたいと思います。まずは、始めての山の選択方法やその時の装備、服装などについて書きたいと思います。

次回をお楽しみに〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました