富士山トレッキング紀行(本七合目撤退編)

広告

いなかた

このページをスマートフォンで閲覧するときは、横向きにすると(ちょっとだけ)見やすくなりますよ。

過去に4回登頂に成功しているので、多少の体調不良でもなんとかなるだろう。などと侮っていました。しかし、富士登山はそんなに甘くありません。反省しきりです。

目次

山行データ

スクロールできます
山行日2008年06月29日(土)
コース(スタート)須走口五合目~本七合目(見晴館)~須走口五合目(ゴール)
山名富士山(3776m)
キーワード
山域富士・御坂エリア
累積標高(+)1,344m
歩行距離10.101km所要時間06時間08分
関連記事

山行記

赤富士? 紅富士?
【04時42分】

これは赤富士? 紅富士?

一般的に、雪の無い富士山が朝日に照らされて赤くなっているのを赤富士と言い、雪のある富士山が朝日に照らされて赤くなっているのを紅富士と言いますが、これはどっちでしょう???

スタート
【05時26分】

どこかが痛いとか、気持ちが悪いとか、そう言うのではないですが、何となく体調が良くないので、五合目で30分以上の休憩を取ってスタートする。

通行止めの標識
【05時28分】

まだ、山開き前なので通行止めの標識があります。

古御嶽神社
【05時30分】

古御嶽神社。

山桜
【06時00分】

まだ、山桜が咲いています。

雪
【06時17分】

登山道上は雪がまだあります。所々雪の上を進まなくてはいけない箇所もあります。

新六合目(長田山荘)
【06時29分】

新六合目(長田山荘)に到着。

雪の回廊
【06時41分】

雪の回廊です。

六合目(瀬戸館)
【07時00分】

六合目(瀬戸館)到着。ここはまだ小屋を開けていませんね。

七合目(大陽館)
【08時06分】

七合目(大陽館)到着。ここはもう営業しているようです。

本七合目(見晴館)
【09時24分】

本七合目(見晴館)に到着しましたが、少し前から高山病の症状が出て動けなくなっていましたが、やっとの事でここまで来ました。ここでしばらく休憩です。

10分位ベンチで横になっていましたが、体調は回復せず、そのうちブルドーザーがやってきて荷物を下ろして、小屋の人たちが総出で小屋の中に運び始めました。

騒がしくなったのと、体調が回復する見込みが無かったのでここで撤退を決定。小屋の人に下山道が通れるか確認して下山開始。

高山植物
【10時34分】

下り始めると体調は徐々に回復して、高山植物に目をやる余裕が出てきた。

名前は分からないが、手当たり次第写真に納める。

高山植物
【10時43分】

これも。

高山植物
【10時48分】

これも。

高山植物
【10時51分】

これも。

砂払五合目
【10時56分】

砂払五合目に到着。まだ、小屋の建設も始まっていません。

古御嶽神社
【11時25分】

樹林帯を抜けて古御嶽神社に到着。

五合目
【11時31分】

五合目に戻ってきました。この頃には体調が戻っていましたが、やっぱり体調が万全でないときは登るもんじゃないですね・・・。

ルート図(クリックで拡大)

ルート図

ルート断面図(クリックで拡大)

ルート断面図

ルート鳥瞰図(クリックで拡大)

ルート鳥瞰図

広告

  • URLをコピーしました!
目次