御殿森の頭・高畑山トレッキング紀行

今年最後の山登りです。本当は予定は無かったのですが、朝起きたら登りたくなったので、近場の低山ということで、高畑山にしました。今年最後の山登り第8弾です!

山行データ

山行日2015年11月20日(金)〜22日(日)
コース【コース1】(スタート)東浜駅〜大羽尾〜山陰海岸学習館(ゴール)
【コース2】(スタート)山陰海岸学習館〜牧谷〜田後〜城原海岸(ゴール)
【コース3】(スタート)城原海岸〜鴨ヶ磯〜網代〜島めぐり遊覧船乗り場(あじろや)(ゴール)
【コース4】(スタート)島めぐり遊覧船乗り場(あじろや)〜大谷海岸〜いさりび広場(ゴール)
【コース5】(スタート)いさりび広場〜鳥取砂丘〜柳茶屋キャンプ場(ゴール)
【コース6】(スタート)柳茶屋キャンプ場〜多鯰池〜摩尼寺(ゴール)
【コース7】(スタート)摩尼寺〜鳥取城跡(久松山)(ゴール)
山 名久松山(263m)
ポイント[ロングトレイル]山陰海岸ジオパークトレイル
山 域中国エリア
累積標高【1日目】(+)1,196m(-)1,148m
【2日目】(+)669m(-)470m
歩行距離【1日目】25.338km
【2日目】13.906km
所要時間【1日目】08時間20分<br> 【2日目】04時間23分
関連記事山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました〜コース1〜
山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました〜コース2〜
山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました〜コース3〜
山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました〜コース4〜
山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました〜コース5〜
山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました〜コース6〜
山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました〜コース7〜

山行記

吹風広場駐車場
【10時15分】

吹風広場の駐車場に車を停めて出発。

県道70号を宮ヶ瀬湖へ
【10時19分】

しばらくは県道70号を宮ヶ瀬湖方面へ。

高取山・仏果山
【10時19分】

高取山&仏果山への展望、バッチリ。

登山道入り口
【10時22分】

熊野橋脇に登山道入り口があります。

ここから入山
【10時22分】

ここから入山します。

登山カードポスト
【10時23分】

入ってすぐにある登山カードを投函するポストです。

この辺でGPSが信号を捕捉できなくなる。

おだやかな日差し
【10時27分】

おだやかな日差しが気持ちいい。でもちょっと寒い。

左側に社へ続く石段が
【10時34分】

左側に社へ続く石段があったので、登ってみる。

何かの社
【10時35分】

謎の社が・・・

こっちにも
【10時36分】

上の写真の左側ににも・・・。

展望良
【10時36分】

謎の社からの展望です。

尾根に出た
【10時39分】

登り始めて15分で尾根に出た。

休憩所?
【10時42分】

休憩所?

でも、ベンチが壊れています
【10時42分】

でも、ベンチが壊れています。なので、ここでは休まず、先を急ぐ。

尾根を進む
【10時43分】

尾根道を進みます。

鹿柵をくぐる
【10時56分】

鹿柵をくぐります。

丸太階段を登る
【11時00分】

急な丸太階段を登る。

また、鹿柵
【11時05分】

また、鹿柵をくぐる。

御殿森の頭分岐点
【11時11分】

御殿森の頭分岐点。

頂上に石の祠が
【11時13分】

頂上に石の祠があります。ここが、御殿森の頭?

御殿森の頭全景
【11時14分】

御殿森の頭(?)の全景です。狭いです。

ここを降りて少し行ったところ、頭上で「ガサッ」と音がしたので、そちらを見てみると細い枝をリスが走っていった。とっさにカメラを向けたけど、起動が間に合わず撮り逃がした、残念。でも、思わず『アイスエイジ』のスクラットや『ぼのぼの』のシマリス君を思い出してしまった。足元にはどんぐりも落ちていたし・・・。

行く手を遮る倒木
【11時25分】

行く手を遮る倒木。幹の部分をまたいでいこうかと思ったけど枝が邪魔なので、右側から回り込む。

休憩所、でも展望はあまり良くない
【11時30分】

休憩所、でも展望はあまり良くない。

尾根の南側を進む
【11時33分】

尾根の南側を進む。

おっ! 足元が岩だらけに
【11時38分】

足元が岩だらけになってきた。

落ち葉が積もっています
【11時41分】

かと思えばここは枯れ葉の溜まり場。脛くらいまで積もっていました。

スギ林を進む
【11時47分】

スギ林を進む。

倒木が目立ちます
【11時47分】

倒木が目立ちます。わざとでしょうか?

山頂への分岐点
【11時52分】

山頂への分岐点。

急な丸太階段を登る
【11時52分】

急な丸太階段を登る。

山頂の展望台
【11時58分】

山頂の展望台です。ここで無線をやっている人がいました。

山頂全景
【11時58分】

山頂全景。結構広いです。

高畑山山頂
【11時58分】

高畑山山頂(766m)。

展望台からの展望
【11時59分】

展望台からの展望。前の木が邪魔です。

三角点
【12時00分】

三角点。GPS表示で
標高:768.93m
緯度:35°30’00.37″
経度:139°12’44.58″
でした。

昼食の準備
【12時08分】

昼食です。

先日購入した『JETBOIL』でお湯を沸かします。カップ面一回分の量だと約2分で沸騰します。

JETBOIL分解
【12時18分】

JETBOILのパーツです。上の左側からコンロ部、ガス缶、鍋(?)部、下中は蓋です。

こんなにコンパクトに
【12時19分】

上のコンロ部とガス缶は本体に収納出来るのでコンパクトになります。

ペットボトルとの比較
【12時20分】

ペットボトルとの比較です、高さはペットボトルより少し小さいですが、太さは2本分くらいあります。

帰り道
【12時30分】

山頂南川の道と合流します。

青宇治橋方面の分岐点
【12時31分】

青宇治橋方面の分岐点。

細い道
【12時36分】

細い道を進みます。

行く手を遮る岩
【12時39分】

と、大きな岩が道を塞いでいました。ここで行き止まり? かとおもったけど、良く見たら岩の左側に道が続いていました。

クサリの無いクサリ場
【12時48分】

クサリ場、ですがポールだけで、肝心のクサリが無いです。道もだいぶ崩れているので、ちょっと危険!

道が崩れています
【12時50分】

ここなんかは道が完全に崩れています。滑りやすい斜面を山側に手を付いてカニ歩きで進みます。

急な岩場を下る
【13時03分】

ここはトラロープがあった。

南側にだけ枝が生えている
【13時10分】

南側にだけ枝が生えています。

ちょっと開けたところに出た
【13時16分】

突然開けたところに出た。

鬼根平
【13時16分】

上の写真の左側に鬼の顔のような木が・・・。こっこれが、噂の『木根平』か!?(ウソウソ (^_^;)

散弾銃の薬莢
【13時29分】

散弾銃の薬莢が落ちてた。

燃えた木
【13時30分】

なぜか山中に燃えた木が、、、。林道が近いのか。

沢に出た
【13時31分】

おっ! 沢に出た。

倒木だらけ
【13時32分】

倒木が目立ちます。自然に倒れたんじゃなくて故意に伐採した木のようですが・・・。

沢の向こう側へ
【13時36分】

木橋を使い、沢の向こう側に。

一番左の頂が大山
【13時40分】

一番左の頂が大山で、真ん中は三峰山か?

沢が左下に
【13時42分】

沢がずいぶん下になった。

林道に出た
【13時52分】

県道70号に出た。写真は青宇治橋側の登山道入り口です。

中津川
【13時56分】

中津川です。

林道
【13時56分】

林道をひたすら吹風広場へ。

川の終わり、湖の始まり
【14時33分】

中津川の終わり? 奥の方はもう宮ヶ瀬湖です。

水面がキレイ
【14時33分】

水面に陽光が反射しててキレイです。

赤い橋
【14時59分】

吹風トンネルが見えてきた。

吹風トンネル
【15時02分】

ここを抜けるとゴールのはず。

吹風広場
【15時06分】

ゴールです。お疲れ様でした。

ルート図

ルート図

ルート断面図

ルート断面図

ルート鳥瞰図

ルート鳥瞰図

おすすめ

 
 
タイトルとURLをコピーしました